SCOTS

[お問い合わせ]
scotsについて | 会社概要 | 会社沿革 | 採用情報 |
活性物質のスクリーニング | 遺伝子作製 | 蛋白質発現解析 | 遺伝子解析 | 抗体関連
遺伝子検査の受託 | 遺伝子保存
研究紹介 |
What's new |
 

研究紹介
 
  • アポトーシスに関する研究
  • ER ストレスを初めとするUPR(unfolded protein response) に関する研究
  • 新規蛍光物質の探索
  • 生理活性物質の探索技術研究
  • 天然資源の高度利用及び産業化技術開発
  • somatic cell reprogramming関連研究
     以上のテーマに強い興味を持ち、情熱的に研究を進めています。生理活性物質の探索技術研究では、『癌及び自己免疫疾患等の治療薬の開発のためのアポトーシス誘導物質の大規模スクリーニング法の開発』が平成15年度7月から中小企業創造活動促進法の認定事業として採択されました。
(http://www.chusho.meti.go.jp/)
その成果を利用し、平成18年度4月より 『アポトーシス誘導剤のHTS』サービスを開始いたしました。

  以上の研究開発に積極的なお客様を多角的にサポートしています。又、各分野の研究機関との共同研究には積極的に取り組んでいます。抗AIP抗体(mouse monoclonal)、抗fig1抗体(rabbit polyclonal, affinity-purified)、抗ATF-6抗体(mouse monoclonal及びmouse polyclonal)、抗Erdj-5抗体(mouse monoclonal)等も研究用として無料でご提供させていただきます。関心のお持ちのグループはご連絡ください。
 

今までの主な研究発表

1. Mai, A., Jung, S.-K., Yonehara, S. (2004) hDKIR, a human homologue of the Drosophila kelch protein, involved in a ring-like structure. Exp Cell Res., 300, 72-83

2. Murakawa, M., Jung, S.-K., Iijima, K., Yonehara, S. (2001) Apoptosis-inducing protein, AIP, from parasite-infected fish induces apoptosis in mammalian cells by two different molecular mechanisms. Cell death Differ., 8, 298-307

3. Jung, S.-K, Mai, A., Iwamoto, M., Arizono, N., FujimotoD., Sakamaki, K., Yonehara, S. (2000) Purification and cloning of an apoptosis-inducing protein derived from fish infected with Anisakis simplex, a causative nematode of human anisakiasis. J. Immunol., 165, 1491-1497

4. 寄生虫感染魚類に由来する新規アポトーシス誘導タンパク質AIPの分子作用機構
村川正男、鄭祥基、米原伸、日本生化学会(1999)

5. Mai, A., Jung, S.-K, Iwamoto, M., Yonehara, S.(1999) Molecular properties of AIP.日本生化学会

6. AIP、寄生虫感染した魚類由来のアポトーシス誘導タンパク質
鄭祥基、麦アンジェラ、岩本三憲、米原伸、日本生化学会(1999)

7. Matsuno, T., Jung, S.-K., Matsumoto, Y., Saito, M., and Morikawa, J. (1997) Preferential Cytotoxicity to tumor cells of 3,5-diprenyl-4- hydroxycinnamic acid (Artepillin C) isolated from propolis. Anticancer Research 17, 3565-3568

8. Mai, A., Jung, S.-K., Tachikawa, H., and Fujimoto, D. (1996) A novel β-galactoside-binding lectin in cultured murine lymphocytic leukemia cells. 日本生化学会

9. Mai, A., Jung, S.-K., Tachikawa, H., and Fujimoto, D. (1996) A novel β-galactoside-binding lectin in cultured murine lymphocytic leukemia cells. J. Biochem. 120, 478-480

10. 魚蛋白(サバペプチド)におけるLDL被酸化能の検討
国立健康・栄養研究所との共同研究、日本臨床栄養学会(1996)

11. 魚蛋白(サバペプチド)の抗動脈硬化作用の検討
国立健康・栄養研究所との共同研究、日本栄養・食糧学会(1995)

12. ヒト健常人における魚蛋白の血清脂質、リポ蛋白、アポ蛋白に及ぼす影響
国立健康・栄養研究所との共同研究、日本栄養改善学会(1995)

13. 魚蛋白(サバペプチド)の血清脂質、リポ蛋白、アポ蛋白に及ぼす影響
国立健康・栄養研究所との共同研究、日本栄養・食糧学会(1994)

14. ワニエソのペプシノーゲンとペプシンー3 (魚類特異的アイソザムP-V)  
関東剛幸 長崎大学水産学部との共同研究、日本水産学会(1994)

15. β-ガラクトース結合性IgGの特異性および血中濃度について
藤田寛、鄭祥基、舘川宏之、藤本大三郎、鈴木康夫、小菅孝明、 日本生化学会(1994)

16. Jung, S.-K., and Fujimoto, D. (1994) A novel β-galactoside-binding lectin in adult rat kidney. J. Biochem. 116, 547-553

17. Fujita, H., Jung, S.-K., Mukainaka, Y., Tachikawa, H., Fujimoto, D., Kosuge, T., Shirai, T., Takeiri, A., and Suzuki. Y. (1994). Characterization of natural IgG antibody with anti-b-galactosyl specificity.Biomedical Res. 15(1), 17-25

18. Jung, S.-K., Miyamoto, R., Tachikawa, H., and Fujimoto, D. (1993). β-galactoside-binding lectins in rat kidney. Seikagaku 65(8), 1020

19. Jung, S.-K., Miyamoto, R., Tachikawa, H., and Fujimoto, D. (1993). A novel β-galactoside-binding lectin, rkCBP-17.5. Symposium on Matrix Biology " Extracellular matrix cell adhesive factor " (Tokyo , organized by T. Hayashi)

20. Ohshima, M., Jung, S.-K., Yasuda, T., Sakano, Y., and Fujimoto, D. (1993). Active oxygen-induced modification alters properties of collagen as a substratum for fibroblasts. Matrix 13, 187-194

21. Harumiya, S., Jung, S.-K., Sakano, Y., and Fujimoto, D. (1993). Interaction of human plasma fibronectin with a-elastin. J. Biochem. 113, 710-714

22. Jung, S.-K., Ikegami, K., Miyamoto, R., Abiko, S., Sakano Y., and Fujimoto, D. (1992). b-galactoside-binding IgG in human plasma. Sekagaku  64(8) 976

23. Jung, S.-K., Sakano, Y., and Fujimoto, D. (1992). Natural human IgG antibody with anti-b-galactosyl specificity. Biomedical Res. 10, 317-320

24. サバの酵素分解物(BM-2)の免疫活性
岩本三憲 日本癌治療学会誌 26;473-487(1991)

25. BM-1, A PLATELET AGGREGATION INHIBITOR FROM MACKREL.(1991) M.IWAMOTO Lancet. 338;817

26. サバ抽出物の免疫調節作用
岩本三憲 久留米医学雑誌 54;473-487(1991)

27. Matsuno, T., Jung, S.-K., and Fujimoto, D. (1991). Tumouricidal activityof glutamine antimetabolite DON in combination with cell-adhesive IgM isolated from human plasma. Med. Sci. Res. 19, 65-66,

28. Harumiya, S., Fujita, H., Jung, S.-K., Sakano, Y., and Fujimoto, D. (1991). Hydrophobicity of human plasma fibronectin. Seikagaku  63 (8), 715

29. Ohshima, M., Yasuda, T., Jung, S.-K., Sakano, Y., and Fujimoto, D. (1991). Interaction of collagen modified by active oxygen with fibroblasts. Seikagaku  63 (8), 869

30. サバエキスのin vivo抗腫瘍効果と作用機序
岩本三憲 久留米大学医学部との共同研究、日本癌学会(1990)

31. サバ抽出物の免疫活性と抗腫瘍効果
岩本三憲 久留米大学医学部との共同研究、日本免疫学会(1990)

32. サバエキス(BM-2)の抗腫瘍効果
岩本三憲 今日の移植 (3) 219-222(1990)

33. 鯖肉エキス発酵産物が鶏ヒナの成長および肝臓における脂質合成能と脂質含量に及ぼす影響
岐阜大学農学部との共同研究、日本畜産学会 61 (12) 1102-1106(1990)

34. Jung, S.-K., Fujita, H., Takahashi, S.-I., Sakano, Y., and Fujimoto, D. (1990). Characterization of Cell-Adhesive IgM receptor in cultured cell. Seikagaku  62(7), 657

35. マサバを酵素処理した分解物の免疫活性作用について
岩本三憲、最新医学 44;2426-2430(1989)

36. 血小板とBM-1(その2)
岩本三憲、血管と脈管 20;305-308(1989 )

37. サバエキスのin vivo抗腫瘍効果
岩本三憲 久留米大学医学部との共同研究、日本癌学会(1989)

38. サバ酵素分解成分の免疫活性
岩本三憲 久留米大学医学部との共同研究、日本免疫学会(1989)

39. Yamaguchi, T., Jung, S.-K., Takahashi, S.-I., Sakano, Y., and Fujimoto, D. (1989). Effect of VGVAPG, a repeating peptide in elastin, on cell growth and attachment. Seikagaku  61(9), 900

40. 魚肉由来ペプチドの魚類免疫活性作用に関する研究
宮崎大学水産学部との共同研究、日本水産学会(1988)

41. 血小板とBM-1(その1)
岩本三憲、血管と脈管 18;66-69(1987)

42. マサバ由来PEPTIDE, SP7000の抗糖尿病作用
高崎孝 近畿大学薬学部との共同研究、日本農芸化学会 (1985)

43. サバペプタイドの生理活性
高崎孝 近畿大学薬学部との共同研究、日本薬学会 (1984)

 


|| (C) TENSEI-SUISAN INC. 2005 All Rights Reserved. ||